HOME > ニュース

お知らせ

2020.05.11

【リリース】耐暑性があり生育旺盛な揃いの良い寒玉キャベツ、「シュシュ」(MKS-C183)!販売開始

みかど協和(株)は、耐暑性があり、幅広く作付け出来るキャベツの育成を目指して来ました。この度、耐暑性と幅広い栽培適応性を兼ね備え、大きくしても裂球がしにくいキャベツの新品種を開発し、「シュシュ」と命名して6 月下旬より販売を開始致します。


・ 耐暑性がある 。
・ 草勢が強く、特に根張りが良い品種で、異常気象でも 安定した栽培が出来る。
・ 結球は甲高扁円球となり、段ボール箱の8玉中心に揃いが良い。
・ 在圃性があり裂球が遅いため、加工用途の鉄製コンテナ出荷も対応できる。
・ 球色は濃くアントシアン・ブルームの発生が少ないため、 店頭に並べたときに結球葉の色の違いで見栄えがよい。
・ 定植後65日程度で収穫となる中早生種で、萎⻩病抵抗性で⿊腐病にも比較的強い。







みかど協和(株)は、フランスと千葉に本社をおくヴィルモランみかどのビジネスユニットです。野菜種⼦分野で世界1 位のリマグレングループの一員であり、前身である(株)みかど育種農場と協和種苗(株)が2007 年に合併して誕生した企業です。
50 年にわたるキャベツ育成の歴史の中で「将軍」「輝」といった耐暑性のあるキャベツを発表し、その後も生産現場の課題を解決する品種を開発し続けています。近年、生産現場では天候不順による生産の不安定さが問題となっていたため、高品質かつ耐暑性があり栽培適応幅の広い新品種「シュシュ」を開発しました。


フランス語でキャベツは「シュ:Chou」といいます。「シュシュ」の名前は、キャベツの意味を重ねることで「キャベツの中のキャベツ」という意味で、全世界の生産者のお役に立ち、愛されるようにとの希望を込めました。


キャベツ「シュシュ」の種子の希望小売価格(税別)は1 袋 2,000 粒入り4,500 円、ペレット種子5,000 粒入り13,000 円です。全国のJA、種苗店を通じて2020 年6 月下旬から販売します。


※ 今季につきましては試験品種名「MKS-C183」での販売となります。あらかじめご了承願います。





ロゴ