味平

果肉色濃く、美味しい!
人気No.1の早生品種

1.強紛質と高糖度、風味を追求した高品質種。果重1.6~1.8kgの腰高扁円果でよく揃う。
2.草勢は中位で、つる伸びよく、側枝の発生が少ないため、トンネル・露地の早熟栽培にも適する。
3.果皮は濃い緑青に細かいチラシ斑が入る。収穫後の果皮の変色は少なく、日持ちが良い。
4.果肉は濃黄色で厚く、開花後30日で粉質度が最高になり、45日前後で粘性を帯び糖度も最高。

栽培のポイント

※栽培のポイントや特性は産地・栽培時期により
変わるため注意が必要です。

1.育苗
雌花の着生を良くするため、できれば苗床で低温短日育苗が望ましい。
発芽後本葉が10円玉大の頃まで最低気温12~15℃、以後は10~12℃の温度管理とし、日長8時間~9時間が最適である。
2.施肥
肥効は一番果着果後最高となるように工夫する。(速効性肥料と遅効性肥料の併用)
3.栽培管理
栽培密度は仕立て本数によって異なるが、畝幅2.7~3mで2本仕立ての場合は60cm、3本仕立ての場合は70~75cmが適当である。
4.着果と整枝
着果節位は一番果で10節位とし、特に草勢が弱い場合は15節前後とする。一番果着果までの側枝は早めに摘除する。草勢が強すぎる場合は、二番果着果まで摘除する。
5.収穫
収穫は作型や天候によって異なるが、40~45日で完熟する。
糖度、粉質度、風味が最も優れるのは、収穫後10~15日である。糖度は14~15度である。
病害虫防除に対しては、従来の品種に準ずる。

特性-1

草勢    :やや弱
葉柄長   :中
葉色    :濃緑
葉大小   :中大(欠刻有)

特性-2

果形    :やや腰高
果皮色   :濃緑
果重    :1.6~1.8kg
果肉色   :濃黄
食感    :粉質
食味(糖度):高

特性-3

成熟日数  :45日前後
積算温度  :850~900℃

作型図
ロゴ