HOME > 商品 > 商品一覧 > 白い坊ちゃん

白い坊ちゃん

坊ちゃんの姉妹品種
白皮のミニ系品種

1.草勢は中位、葉は中葉で大玉種より小ぶりになる。雌花の発生がよく、連続的に着果し、ウドンコ病の発生も遅く、長期間にわたり収穫が可能になる。
2.果実は灰白色のミニカボチャで400g前後になる。果肉は淡黄色の強粉質系で、特に日持ちがよい。
3.ウイルス病に羅病した場合や草勢が弱くなると果皮に緑斑が残ることがあるので、十分に注意する。

栽培のポイント

※栽培のポイントや特性は産地・栽培時期により
変わるため注意が必要です。

1.果実が小さいため、いかに多く着果させられるかが栽培のポイントとなる。整枝法は子づる2本仕立て、8~10果どりを目標とする。親づるを4節で摘心し、揃った子づる2本を一方方向に伸ばし、着果節位までの孫づるは早めに除去する。
2.グランドマ-クが付くと商品価値を損なうため、必ずマット等を用いる。またウィルス病に罹病した場合には、果皮に緑斑が発生することがあり、アブラムシ防除を心がける。

特性-1

草勢・・・・・・中弱
葉柄長・・・・・中
葉色・・・・・・淡緑
葉大小・・・・・中(やや丸)

特性-2

果形扁   :円
果皮色   :灰白
果重    :400~600g
果肉色   :黄色
食感    :強粉質
食味(糖度):高

特性-3

成熟日数  :40~45日
積算温度  :800~850℃

作型図
ロゴ